ご挨拶

”キャリア x SDGs = 未来づくり自分づくり” への想い

これからの社会は「持続可能な社会」となることが求められます。国連サミットで採択された国際目標である SDGs(Sustainable Development Goals : 持続可能な開発目標)の達成は「持続可能な社会」の実現に向けて欠かせないものであり、そのためにはSDGsの理解と導入、そして未来を担う人材である「持続可能な社会の創り手」の育成が重要な鍵となります。

未来づくり自分づくり合同会社は、SDGs未来都市・横浜より、「誰もが自分らしく活き活きと、幸せに働く・生きる」というキャリア支援と、SDGsとともに「持続可能な社会の創り手」となる人材の育成のための教育支援の2つを合わせて「キャリア x SDGs = 未来づくり自分づくり」を掲げ、持続可能な社会に向けて、研修・教育・ワークショップ・コンサルティングなど様々な形で取り組んで参ります。

未来づくり自分づくり合同会社
代表社員 吉野賢治

SDGs達成への取り組み・貢献について

SDGs研修・教育支援、SDGs導入支援、キャリア支援の取り組みにより、SDGsの次の目標達成に貢献しております。

目標4 すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する

ターゲット4.7 2030年までに.持続可能な開発と持続可能なライフスタイル、人権、ジェンダー平等、平和と非暴力の文化、グローバル市民、および文化的多様性と文化が持続可能な開発にもたらす貢献の理解などの教育を通じて、すべての学習者が持続可能な開発を推進するための知識とスキルを獲得するようにする

目標 8 すべての人々のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワークを推進する

ターゲット8.5 2030年までに、若者や障害者を含むすべての男性および女性の、完全かつ生産的な雇用およびディーセント・ワーク、ならびに同一労働同一賃金を達成する。

目標 17 持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

ターゲット17.16 持続可能な開発のためのグローバル・パートナーシップのマルチステークホルダー・パートナーシップによる補完を促進し、それによるナレッジ、専門知識、技術、および資金源の動員・共有を通じて、すべての国々、特に開発途上国の持続可能な開発目標の達成を支援する。

PAGE TOP
MENU